2013年9月アーカイブ

医師の中には、女性の存在も年々急増し、今や女性医師も非常に多くなり、今後もまだまだ増えると予測されています。
しかし、そんな女性医師における問題として、やはり女性医師となると結婚に伴い、出産という時期が必ず訪れます。
もちろん、そうなることにより離職に至るわけですが、昨今、医師不足が深刻化している事も事実で、その医師不足を対策するためには、この女性医師の離職率を下げるべきと、色々な女性医師離職に伴う対策がとられています。

そもそも、女性医師が結婚し、出産すれば、当然育児を行う事となります方、女性となると当然その間は働く事が出来す、医者という職業柄、簡単に休むわけにもいかずに結果、離職に至ります。
要するに、女性医師は、医者という顔を持ち、尚且つ家では妻、母親という事になりますから、非常に医師の仕事をするには、厳しい状況に至ります。

ですが、医師不足は深刻化していますから、色々な検討をし、対策が行われる中、尚且つ女性医師のこの状況を改善すべく生まれた制度が、女性医師短時間勤務制度なるものなのです。
濃制度はそもそも、育児を行う女性医師に対し、育児期間は可能な限り育児に専念できるように勤務時間を短くし、ブランクなく仕事にも復帰という形がとられるためにもこの制度を設けたという事になります。

ただこれに伴い、育児休暇の方はどうすべきか?という問題も浮上してきておりますが、そもそも医療業界において、休暇の取得自体病院、患者、いずれにおいてもリスクとなりえる事から、その代わりとして、医師である女性医師には、この女性医師短時間勤務制度を採用している病院が急増しているという事なのです。
ちなみにこの適用期間は、お子さんが小学生になるまでという事になっていますが、こうした制度がもうけられた医療機関を女性医師も選択する事が、今後医師として働く上でも大いに役立たれるのではないかと思います。

昨今、医師による転職は急増しておりますが、この転職をする場合は、やはりこのような医師にとっての必要不可欠な制度が設けられ、医師は医療に専念できる環境が整えられている事と、プライベートも充実出来るという医療機関をこれからは、医師自身も選択していくべきと思います。
ましてや女性医師となると、非常にリスク自体が高いと考えられますから、やはり就職、転職を考える上でも、女性医師のための制度、対策が設けられている施設を進んで選んでいくべきではないかと思います。

社医募集 神戸市:公衆衛生医師の募集

このアーカイブについて

このページには、2013年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年8月です。

次のアーカイブは2013年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。