2016年7月アーカイブ

医師は怪我も治すしメンタルケアも

救急車で運ばれてきても手術が上手い医師がたくさんいると聞きつけてきた患者であふれている

ここの病院は常に手術室が満員で、運ばれてきても、手術はすぐに出来ない。海外の医師の求人が多いのはこういった現場からも想像できる。

医師はどこの病院よりもたくさんいて、手術室もたくさんあるみたいだけど、

1日~数日間待たされることも多い。

医師はさぼっているわけではなく、1日に何件も手術が入っているのだ。


でも難しい整形外科の手術はここでしか受け入れてもらえないため仕方ないのだ。

骨折の場合がほとんどで、運ばれてきたら応急処置だけして、回りを固められる。

それも医師の仕事。

整形だけで何人いるんでしょう?ぜんぜん分かりません。

スポーツで大怪我した若い患者、大騒ぎです。

痛いよーこわいよーと泣いています。

かわいそうに。

手術も怖いし、しばらく歩けないし、入院だし、スポーツいつから出来るのか、大騒ぎ。

医師も、不安を取り除こうと必死。

看護師も汗かいてます。大変そう。見てるだけで疲れる。

医師は心のケアもしないといけないし、患者の怪我も治さないといけないし大変なものです。

ドラマで見る世界はきれいに作られているけれども

実際の病院内は生々しく、医師も当然本物ですから、話内容もリアルです。

泣いている患者も、もちろん本物。

このアーカイブについて

このページには、2016年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2016年4月です。

次のアーカイブは2016年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。