ADHD

私は自閉症スペクトラム、アスペルガーに興味がありますが、
ADHDにも興味を持つようになりました。
似てるけど違う。

ADHDは、注意欠陥性多動性障害という名称の略で、発達に偏りがみられる発達障害で、
大人になってから分かる人も多くいます。
ADHDには、予定を忘れてしまったりぼーっとしてしまうなどの不注意症状、
急にキレてしまいそうになる衝動性の症状などさまざまな症状があります。

子供の時はこれが強く出るようですが、見逃されてしまうと、大人になるまで分からない、
大人になっても分からない人もいます。
社会生活の中で自然に養われていくから、みたいですが、根本的にはなにも変わっていない。

昔はこのADHDの認知度がいまのようになかったのでね、ほうがないともいえますね。
本人は分かってなくても、周りがそうだって思われてる人はいます。
実は私の身近にもいて、困っているのだ。
どうにかして本人に分かってもらいたいけど、他人の私が口を出しても怒るだけだろうから言っていません。
でも本人のためには、「あなた、もしかしたら・・」と言ってもいいのかなー、なんて思ってます。
でも、、、どうなんでしょう。

言ったほうがいいのか、言わない方がいいのか。
自分のためにも、言ってあげたほうがいいような気がする、、、うーん、悩むなー。

このブログ記事について

このページは、りかが2017年9月 1日 04:31に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「医師免許の更新」です。

次のブログ記事は「裏切り」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。