いまだに語られるダイアナ妃のこと

いまだ人気の衰えない亡くなったダイアナ妃。
素晴らしい人でしたからね。

ウイリアムとハリー両王子が子供の頃の懐かしい思い出を語って
人々のダイアナ妃に対する理解を深めました。
多くの人々の心に触れたダイアナ妃について、2人のパーソナルなインタビューからわかった、
彼女の6つの素顔というのがあるみたいです。

ウィリアム王子とハリー王子は、母の無邪気さや愉快だった面を大切に思っている。ということ。
彼女は気恥ずかしくなるようなことをする人だった。ということ。
 彼女はハグで息子たちを「窒息させる」くらい愛した。ということ。
(しかし、そんなに??)
ダイアナ妃は息子たちが普通の生活を送れるよう努めた。ということ。
両王子には共通の後悔がある。
ウィリアム王子は母の思い出を自分の子供たちに伝えている。
という、この6つです。

なんとなく想像できますね。

お茶目な感じがしますもん、ダイアナさんって。
本当に、お若いのに惜しい人を亡くしたものだと、心から思います。
ゥイリア有無王子はすでに結婚されたり、お母さんの思いを胸にお子さんたちと接してるみたいで、
よかったですねー。

このブログ記事について

このページは、りかが2017年12月 1日 23:49に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「こんなこと言われたら・・・」です。

次のブログ記事は「電車が脱線」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。