おしぼり文化

今での喫茶店やレストランでは、紙か布かの違いはあってもおしぼりが配られます。
あれを過剰あーびすという人もいますが、やはり出されたら嬉しいし、使います。
外国人はとてもびっくりするようです。
飛行機のなかでもおしぼりは気張らないところが多くなってきてるのに、
たかが探知とかコーヒーだけでも出してくれるとこあるし、スタバのようなとこでも紙のナプキンありますよね、
持ってきてはくれないけど。
(食べ物を頼むとついてきたりするかな?)
あのおしぼり文化って私は素晴らしいと思います。
是非続けてほしい。

ところが迷惑な人もいるんですって、、なんか不思議ーー。

他にも、例えばレストランではないかもだけど、何かを買うとお店の外まで出てきてくれて
「ありがとうございました」を言うお店、、、これも外国人は戸惑うみたい。
嬉しいけど「なにこれ?チップほしいの?」って思うみたいですよ、アメリカ人に多いのかな。
チップほしくてやってるんじゃないのにね。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.12

リンク

このブログ記事について

このページは、りかが2020年12月 1日 16:54に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「グレース・ケリーの孫」です。

次のブログ記事は「出そうで出ない」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。